トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県でクラシックカーの買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「クラシックカーの買取相場を調査して高額買取してくれる静岡県の買取業者に売却したい」と感じている場合はこのサイトで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    クラシックカーを高く売るために大事なことは「静岡県にある複数の車買取店で査定をしてもらう」ということ。1つの業者だけとか近所のディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    車一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。静岡県にある複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、クラシックカー(classic car)の買取値段の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーと言うくらい人気のサービスなので安心感が違います。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な数!最大50社までクラシックカーの買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると多数の車買取会社から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、静岡県対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからクラシックカーの買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているクラシックカーの買取査定相場分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買い取り金額を入札するので、10万キロ以上走ったクラシックカーでも静岡県で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    クラシックカーの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちのクラシックカーの買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際にはすぐに即決することなく、静岡県に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗ったクラシックカーでも高く売ることができます。

    約10社の業者がクラシックカーの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた会社にあなたの愛車のクラシックカーを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者があなたが愛用したクラシックカーを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比べることが可能になるので、静岡県に対応しているいつくかの車買取業者にお願いして長年大事に乗ってきたクラシックカーを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間の取扱車両は外車のみで1500台。静岡県対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のクラシックカーであれば他の買取店より高く買い取ってくれる可能性があります。
    ですから、輸入車のクラシックカーを売るなら最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って買取金額を調べてみてください。

    いろいろな買取専門店に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたクラシックカーを売りましょう。






    車買取コラム

    買取希望の車の査定基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    このうち車のボディーと内装に関しては、査定してもらう前に充分に自分で清掃することで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、嘘をついたりせずに伝えましょう。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、実際の査定金額を導き出します。

    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    景品等の多くは車を売ることで受け取れるのが一般的ですが、キャンペーンの中には無料で中古車査定を実施するだけでプレゼントされる事もあるのです。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うと一定のポイントが貰えるなどです。

    ただで査定をしてポイントを貰い、実際には売却しなくても構わないため、こんなキャンペーンを行っているのを見付けることがあればぜひ査定してみるとお得ですね。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合に短所になることと言ったら、依頼した中古車買取会社から一気に勧誘の電話がかかってくることがあるでしょう。

    自分からサイトを利用してアプローチしたわけですから、仕方ないことだと言えなくもないのですが、とても迷惑に感じるときには、売却先が決定していなくても「もう手元に車はありません」と言うのが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    かといって車の価値がゼロ円だのといった意味ではありませんから大丈夫です。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    買取対象となる車を業者が査定する際は、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、プラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、誰が見てもわかるところで車体の傷やヘコミ、塗装浮きなどです。

    けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ない状況にもなり得ます。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなくその車が初めて登録された年数ですからわからなくなったら車検証を見てみましょう。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは驚くほど低価格になりかねません。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、購入者視点で考えるとその中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    所有者が自分名義でない車でも手間はかかりますが売れないことはありません。

    本来提出すべき書類に加えて、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、売るのは簡単なことではありません。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、間接的ではありますが少しでも高く売るために有用です。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

    査定額に直接影響はなくても、丁寧に車を扱う人だと言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

    手荒に乗っている所有車よりも好感度アップさせることができるので、見積もりアップも狙えるというものです。

    自分が車の所有車になっているということは、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    ましてや、駐車スペースがなければ、駐車場の料金もかかってくるのです。

    所有する車を売却するかしないか考えている場合には、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうかじっくりと考えてみると、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。