金融と保険の密接な関係と運用 diario-ahora.com

金融機関を賢く利用する知識


金融と保険の密接な関係と運用
トップ » 金融と保険

ページリスト

サイトについて

金融の知識と専門的に求められる人材

金融関係といっても本質的には、如何に稼ぐことができるかということに集約されていくと思います。それは会社でもそうですし、個人でもそうでしょう。それは基本的にな知識も必要でしょうが、その知識ということを勘違いしている人たちも多いような気がします。先を読むということが大切なのは、どの分野でもそうですが、その専門のセンスというか先見の明があるかないかも重要で、その個人や企業を儲けさせられるかどうかしか最終的にはないのではないかとも思います。そこが学者や評論家が金融関係で儲けられない理由でもあるのでしょう。

生協のジュニア18共済保険の請求

生協は近所のお付き合いで子どもが小さい頃に始めました。配達員さんに共済保険を勧められて加入しました。子どもには何も保障がなかったからです。加入した当初、子どもがひどいすり傷をつくり通院したのですが生協を配達に来た配達員さんが子どもの病院仕様の絆創膏をみて1日からでも保険の請求ができるとアドバイスしてくれました。早速電話で請求すると必要な用紙が送られてきました。必要事項を記入し診察券のコピーと一緒に送ると、じきに共済金の振込みの案内が届きました。手続きも簡単で掛け金がお手ごろなジュニア共済に加入しておいて助かりました。

金融機関で滞納したときの対処法

金融機関で滞納が続くようなら、債務整理することになります。法律家に相談するのが、最短で解決する方法だと思います。時間が経過するほど、取立てが厳しくなります。それだけ信頼を失うことになります。滞納が原因で退社する方も少なくありません。金融機関で借りること自体は良いです。借りると言うことは、責任を伴います。責任を果たすことは、返済義務を果たすことです。借りたものを返すのは、当たり前のことだと思います。どんな理由があっても、絶対に返済するべきです。他から借りるのは、根本的な解決になりません。計画を立てれば、返済できなくなることはないです。