仲介の不動産業者選びが大事な鍵

不動産を売る為に大事な事


仲介の不動産業者選びが大事な鍵
トップ » 住宅関連 » 不動産を売る為に大事な事

ページリスト

サイトについて

不動産の売却と媒介の違い

一戸建てなどの不動産物件を売却したい時には、まず業者に買取ってもらうか媒介してもらうかを決める必要があります。買取にも媒介にも各々メリットがありますが、まず買取のメリットはすぐに現金化できるという点が挙げられます。買取の場合は査定をしてもらい、価格に納得ができれば売却するだけですので、手軽に物件の処分を行う事ができます。

一方の媒介の場合のメリットとして、高値で売れるという点が挙げられます。媒介の場合ですと不動産業者への売却よりも高く売れ易くなりますので、少しでも高値で売りたい時には媒介の方が適しています。実際に媒介を依頼する時には媒介してもらう業者を決める必要がありますが、色々な業者に査定をしてもらう事が大切です。

業者ごとに査定価格の付け方は異なり、特に不動産の場合は大きな差が付く事もあります。しっかりと比較をしてから媒介してもらう業者を決めないと大損をしてしまう恐れもありますので注意が必要です。ただ、実際に売却できなければ意味がありませんので、ただ単に査定価格の高い業者に媒介してもらうのではなく、販売力を持っている業者に媒介を依頼する事が大切と言えます。