住宅関連の税金を減税する方法とは diario-ahora.com

住宅関連の職業と関わる税金


住宅関連の税金を減税する方法とは
トップ » 住宅関連

ページリスト

サイトについて

想像以上に色々ある住宅関連の職業

住宅関連の仕事には色々なものがあります。下働き的なものからかなりの専門性を要するものまで、仕事内容一つとってもかなり幅広く存在しています。その中でも職業として思い浮かべやすいものとしては、設計関連のものと大工関連の現場絡みのものです。住宅関連となると大工系の仕事も、工場内での作業が主なものから建築現場に出っぱなしになるものまで、想像以上に選択肢は多くなります。また、設計関係の仕事にしても、建築家という職業で設計一本でやっているという事は案外少なく、営業や交渉事を含め現場に赴いて指示を出す事もかなり多く、複合的な能力が必要とされます。

住宅関連の知っておくと良い減税について

家というのは、とても大きな買い物です。人生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。大抵の人が住宅ローンをくんで、家もしくはマンション等を購入するのですが、そのとき知っておくと良い住宅関連の減税があります。住宅ローン減税制度というものなのですが、平成25年度以内に住宅関連を購入すると、10年間に渡って、住民税より最高20万円までで、借り入れ額の1パーセントを所得税と住民税から引いてもらえる制度です。最高で10年間で200万円まで税金が免除になります。また長期優良住宅ならば、最高300万円まで免除になります。

住宅関連の税金が気になってくる

4月、5月となってくると、住宅関連の税金の支払いの時期で、賃貸住宅は別として、持ち家の方は固定資産税や、自動車税等の税金の支払いで、テンションが下がり気味ではないでしょうか。確かに、持ち家なら住宅関連は自由にできるし、気兼ねなく、リフォームも出来ますがこの時期だけは賃貸が良いなぁ等と考えてしまいます。この時期さえ、終わってしまえば何ともなく、また何かしようか考えだすのですが・・・年度末、気分一新の良い季節ではありますし、税金を払って、また気持ちを入れ替えてスタートしてみるのも、いいかもしれません。